ふるさと納税初挑戦!楽天カード払で自己負担実質ゼロも

以前から気になっていたふるさと納税。

ごく簡単にいうと、
ふるさと納税としてお金を寄附した自治体から、
お礼の特産品などが頂けるというもの。

自己負担は年間2,000円なので、
やらねば損!というお得な制度なんです。(はしょり過ぎ?)

上限額は所得により異なります。
また、場合によっては確定申告が必要になることもあります。
そのあたりはこちらで詳しく説明されていますので、参考にどうぞ。


比較したけどやっぱり楽天

ふるさと納税を申し込めるサイトは色々あります。
どこから申し込めばいいのかと比較してみましたが、
わたしは「楽天ふるさと納税」にしました。

いつもお買物をしている楽天なので、
心理的ハードルが低いということ、
楽天カードを持っているので、
ポイント還元のメリットが大きいからです。

誰でも付く楽天ポイント1%

楽天ふるさと納税でも、
お買物と同様、支払額に対して1%の楽天スーパーポイントが付与されます。
自治体への寄附なのに、ポイントが付くなんて嬉しいですね。

決済に楽天カード利用で、ポイントが4%にUP

楽天カード保持者なら、これは見逃せないと思います。

ふるさと納税の支払いに楽天カードが使える上、
SPU(スーパーポイントアッププログラム)の対象になるのです。

楽天ふるさと納税で、1万円のふるさと納税を楽天カードで決済すれば、400円分の楽天スーパーポイントが付きます。

ということは、5万円分のふるさと納税ができる人なら、
2,000円分の楽天スーパーポイントをもらえます。

自己負担金2,000円相当をもバックできるポイント還元、これは大きいですね。
ただし所得額に応じて寄附額の上限があり、
超えると損した気分になるので気をつけてくださいね!

支払いに楽天ポイントがつかえる

こちらもお買物同様、楽天ポイントで支払いして、
ふるさと納税をすることができます。
通常ポイントだけでなく、期間限定ポイントも使用できるので、
期限が切れそうなポイントを使って寄附するのもありですね!

その他のメリット

楽天市場なら住所や電話番号などもすでに登録済み。
改めて入力する手間も無く、いつものお買い物をするのと同じ感覚で寄附ができて簡単でした。

気づいた注意点

  • 支払いに使用するカードは、寄附をする本人名義のクレカのみ
    夫の名義で申し込みたい我が家は、
    夫の楽天IDで、夫の楽天カードを使って申し込みました。
  • 確定申告をするのか、ワンストップ特例制度で申し込むのか
    選択するようになっていましたので、そこはあらかじめ確認しておくといいでしょう。
    うちは医療費還付の確定申告をする予定なので、ワンストップ特例は申し込みませんでした。
    でも、この特例のおかげで、普段確定申告をしないサラリーマン家庭でもぐ~んと利用しやすくなりました。
  • 楽天の登録情報と住民票の一致
    楽天に登録している注文者情報の住所・氏名が、
    住民票の住所・氏名と一致している必要があります。
    税金の還付にかかわるためです。
    申し込み前に念のためチェックです。

ふるさと納税に初めて申し込んだ感想

ふるさと納税の仕組みを理解する最初だけ、ちょっと面倒でしたが、初めてやってみた感想としては「けっこうお手軽じゃないか!」ということです。

わずかな自己負担で特産品などがもらえて、お得な制度。
なんでいままでやってなかったんだぁ~と後悔しています。

ちなみにうちは、お米をくれる自治体に寄附をしました。
早めに届く自治体と、10月以降に新米がもらえる自治体に分けて2件。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

あと2万円くらい寄附しようと思います。

次はお米以外の魅力的な品をと思い、楽しく探しています。
エアウィーヴなんていう自治体もあっていいなぁって思ったけど、高過ぎる・・・
やっぱり食べ物かなぁ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする