帆布のバッグの色褪せを【染めQ】スプレーで復活!

主人の黒い帆布のショルダーバッグ。

夏の旅行で強烈な日差しに当てたせいか、
色が褪せて全体的に赤茶色っぽくなってしまいました。

革のパーツもあるので、染め液にドボンと浸けるわけにもいかず、
どうしたものかと思っていましたが、染められるスプレーを発見!

仕上がりもなかなか満足できましたので、ご紹介します。

染めQ

染めQは、ナノ粒子の染色スプレーです。

素材に浸透・密着するので固まったりすることなく、
革や合皮などの柔軟性のある素材も染めることが出来る模様。

  • 用途| バッグ・靴等の色替え・補修
  • 適応素材| 本革・ビニールレザー・合成皮革・プラスチック・木材等

一応、もOKみたいです。

ホームセンターのスプレー塗料売り場で購入。

ミニサイズ缶(70ml)で900円位(税込)でした。

色は20色以上ありますので、定番色の小物なら大体合いそうです。

ちなみに布に最適で、洗濯も可能なジーンズ染めQもありますが
今回はお店に売ってませんでした・・・

染めます!

準備

  • バッグのゴミや汚れは取っておく
  • 養生テープ・マステ、アルミ箔で染めたくない部分をカバー
  • ビニール手袋をする。
    わたしはしなかったので、手を少し染めてしまい、落ちるのに時間がかかりました。
  • 風のない日屋外で新聞紙を引いて作業する

塗るときのコツ

  • 15cmほど離してスプレー
  • 躊躇しないで、勢い良く吹き付ける
  • 薄くすばやく塗り重ねるとキレイ

いざ、スプレー!

左半分が1回塗り、右半分が2回塗り

あれ?写真にはうまく写らない・・・

でも、1回より2回と重ね塗ることでより色濃く、ムラなく仕上がります。

今回使ったブラックは、真っ黒と言うよりは
少し薄い墨色くらいの濃さなので、重ね塗りは必須。

↑ブラックをサッと紙に吹き付けてみた。

色あせが酷いところは、3度重ねて塗りました。
薄くぬれば、結構すぐに乾きますよ。

ミニサイズで染められる大きさ

70mlのミニサイズ1缶(約900円)で染められる範囲は0.2~0.4㎡とあります。

これはだいたい、60cm四方らしいですが、
B5が入るこのバッグの表面とサイドに2,3回重ね塗りして
丁度使い切る感じでした。

もし、全体的な色替えとして使う場合は
大きな缶(264ml)でないと間に合わないでしょう。

ビフォーアフター

【Before】

【After】

白けてたり、赤茶色になっていた部分の黒さがよみがえり、
見た目もシャキっとしました。

ついでに革部分にレザークリームも塗って。

やった~! リフレッシュ完了!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする