シンプルな部屋、姉に褒められ、笑われる &子まち世帯の心得

姉、初来訪

他県に住む姉と甥姪が、我が家に立ち寄りました。

姉がうちに来るのは初めてです。

片付けたいけど、子どもの物が爆発的に増えて
どうにも片付かないんだよねぇ… 困った困った
と常日頃から嘆く姉。

“モノは少なめ”とあらかじめ伝えているけど
ウチを見て果たしてどう思うだろうか。

ぺんぺこ
引かれるかもな…
と一抹の不安。

姉の反応

部屋に入るなり、キャッキャッ!と元気に走り回る子どもたち。

『何もない!おもちゃが落ちていない!素晴らしい!』

『君たち!片付ければ広々遊べるんだよ!うちも片付けよう!』

と最初こそ感動(?)していたものの

『あんた、これ、ほんとに住んでる?』

『どうやって生活してるの?』

と恐怖を感じた模様。

最後には

いやー、狂気を感じるわ! アハハハ~

と笑って帰っていきました…。

褒められたのか? けなされたのか?(笑)

やむをえない現状

姉の旦那さん(私の義兄)は現在、長期海外出張中。

幼稚園児の男の子と、2歳の女の子と日本に残り、
派閥もあって面倒くさいというPTA役員をしながら
ワンオペ育児に奮闘しています。

たしかに姉宅には、どうしてこうなった!的なカオス部屋もあって
「片付けたい!!」と叫んでいます。

でも姉はもう、現在進行形で十分がんばってると思う。

わたしも同じ状況になったら、同じ悩みを抱えるだろうなぁと。

そう思うと、今時点での根本的な解決方法も思い浮かびません。

姉におしえてもらったこと

常にわたしの一歩先を行く姉には、
いい事も悪い事もいつも勉強させてもらっています。

家族が増える前には、空きスペースを沢山作っておく
必要になってから手に入れても遅くない

覚えておこう。

もし我が家に家族が増える時は、
ただでさえ少ない収納をさらに片付けないと
ドエライことになりそうだもんだなぁ・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする