auガラケーのプランE+格安SIM(mineo)の料金

わたしは現在、スマホと携帯の2台持ちです。

auスマホ1台だったころ、毎月7,000円以上だったスマホ代が
格安スマホmineoを組み合わせることで、2台あわせて 2,000円台になりました。

組み合わせるってどういうことかというと、こんな感じです。


2台持ちの主な理由

  1.  ~@ezweb.ne.jp(キャリアメール)を手放したくない
  2. au携帯電話なら実家のauひかり電話や、家族間の通話が無料になる

とくにキャリアメールを手放したくないがゆえに
auから離れられないという方、結構いるのではないでしょうか。

2台持ちにすれば、キャリアメールを維持したまま、料金も格安にできますよ。

今回は、auガラケー(3G回線)を プランEで利用した場合のおはなしです。

auガラケーのプランE+格安SIM(mineo)の料金

  • au   1,128円(プランEシンプル)
  • mineo  972円(データ通信3GB)
  • 合計  2,100円(税込)

プランSSのときより、さらに安くなったよイェイ!

auガラケーをプランSS(無料通話付)で使ったときの料金はこちら↓

【mineo】について(データ通信3GB)

auで使っていたスマートフォンにmineoのSIMカードを挿して
LINE、ネットサーフィン・SNS閲覧などのインターネット専用機として使っています。

自分のスマホ、mineoで使える?

今の使用中のスマホがmineoで引き続き使えるかどうかは、
格安スマホmineoのページ上の「動作確認端末一覧」から確認してましょう。

mineoのシングルタイプとデュアルタイプって?

mineoには、2つのタイプがあります。

シングルタイプ

ネット回線の契約だけで、通話はしないプラン。
わたしの場合、電話はauのガラケーでするので
こちらのシングルタイプです。

デュアルタイプ

音声通話(090や080の電話番号)も付いたプランです。
auのアドレスは捨ててもいいよって言う人は、
auとの契約を切って、mineoのデュアルタイプの契約をすれば
1台ですべてが済みます。

MNP(モバイルナンバーポータビリティ)を利用すれば、
電話番号は変わりません。
参考記事はこちら↓

mineoシングルタイプの料金

わたしが契約している
mineo シングルタイプ 3GB(データ通信のみ)なら
毎月たった972円(税込)です。

auのスマホで7GB目いっぱい使っていた方は、
5GBや10GBを選択してもいいでしょう。
それでも安いですよね。

なお、通話はしないシングルタイプでも、
じつは電話番号は付与されています。

SMSオプション申し込み(月額基本料無料)をすれば
ショートメール(SMS)をすることが出来ます。

ショートメールの送信は3.24円/回、
受信は無料ですので一応申し込んでおいても損はないと思います。

mineoの AプランとDプランって何?

格安SIMの回線は、すでに張り巡らされている
audocomoの回線を借りています。
設備投資などが少ないので、格安が実現できているんですね。

格安SIM会社の多くはdocomo回線を借りているのですが、
mineoはauもdocomoも、どっちも借りているのです。

そのためmineoには、Aプラン(au回線使用)
Dプラン(docomo回線使用)があります。

これまでauのスマホを使用していて、その機種を引き続き使う場合は、
au回線のスマホということになるので、Aプランを選択します。

【au】料金について(プランE)

わたしは、過去に自分が使っていたガラケー(3G回線)を
まだ持っていたので、auショップに持ち込んで、
スマホからガラケーに機種変更をしました。

その際のことはこちらの記事にまとめてあります。

手持ちのガラケーがない場合は、
友人・知人からauガラケーを譲ってもらうのが
一番安く手に入ります。

ネット通販で状態のよさそうな中古品を
購入してもいいかもしれません。

auガラケー(プランE)の料金明細

機種変更後の、実際のauの料金明細です。

本当に通話だけなら、
プランEの基本料は743円(誰でも割+家族割適用後)ですが、
キャリアメール(~@ezweb.ne.jp)を引き続き使うため、
EZ WINのオプションを300円でつける必要があります。

プランEでも無料通話の分けあいは対象

ここで、嬉しい誤算。

通話料180円は、家族割の”分けあい”制度が適用になっていました。

auを利用している家族の無料通話が余っていたので、実質0円になったのです。

  1. 家族割に入っている回線が無料通話プラン付で契約
  2. 自分・家族ともに「分け合い」コースに登録されている

この2つが揃えば、無料通話のないプランEの私でも
おこぼれにあずかれるんですね!

プランEの注意点

時間当たりの通話料は、プランSSでもプランEでも30秒/20円と同じです。

ただし、プランEには無料通話がつきません。
基本料がプランSSより安いかわり、かけた分だけ通話料が発生します。

今回、通話料は0円でしたので
請求額1,129円は、電話+メールで契約したときの
プランEの下限額ですね。

プランEのいいところ

EZ WIN使用料300円を払えば、
添付画像含めたメールの送受信が無料であることです。

文字メールだけなら大したことないパケット代ですが、
画像が添付されるとなると話は別。

スマホの普及により、私がガラケーを使っていると思わない知人から、
画像付メールが来るときがあります。

この画像をプランSSで開けるとパケ代が発生、
写真のサイズによっては無料通話分からはみ出ます。

でも、プランEではその心配が無い!

プランSSで運用中、500KBのしょうもない写真を開けて
無料通話分をオーバーしたときの悔しさったら・・・

プランEなら画像添付も怖くないのです。

プランSSシンプル or プランEシンプル

あまり電話をかけないユーザーなら、
無料通話付のプランSS 無料通話なしのプランE、
どちらがいいか悩みますよね。

わたしなりに考えたポイントは

  • SSがオススメの人
    通話料が500円を超える月が多い人。
    画像は送らないし、送られても開かない意思のある人。
  • E がオススメの人
    通話料が500円以下の月が多い人。
    写メ・デコメを送受信したい人。
    とにかく基本料を抑えたい人 。

迷うときはプランEをオススメ

なぜならプランEにしておけば
「ダブル定額スーパーライト」と同額の上限額&パケット通信料が自動適用になるからです。

プランSSでは372円のオプション料が必要ですが、
プランEではオプション料不要でダブル定額スーパーライトと同じように使えるんです。

電話をかける側のとき
「通話料コレくらいかかるな」って何となく分かります。
だから通話料を極力払いたくなければ自制すればいいだけの話。

一方、パケ代ってイマイチ分からないんですよね。
プランEに変える時に不安になったのが、
「もしもパケットを喰うサイトにつないでしまったら・・・(パケ死するのか!?)」ということ。
誤操作でWEBにつなぐことだってあるかもしれません。

でも、プランEなら勝手に定額になってくれるんです。(すごい!)
だから、万一つないでしまっても
パケ死するほどの請求は来ないと思います。

2段階認証でWEBにつながなくてはいけない!でも大丈夫

もうひとつ、わたしも少し悩んだことなので追記。

パソコンから、auのお客さまサポートのページで
月々の請求額などを確認する際、「2段階認証」を求められることがあります。

これは、auから送られるCメールに記載のリンクを踏んで
WEB接続する必要があります。

これに関してはパケット代無料のようです

実際、10月に2,3回ほど2段階認証をしていますが、
請求書にそれらしきパケ代は計上されていません。

通話が少ないなら プランE(au)+mineoで決まり!

わたしは通話料の心配より、
画像添付メールの方が心配なので、プランEで行きます!

以上で通信料削減計画はひと段落いたしました。

現在au・docomoのスマホを使っているなら、
その機種でmineoが使える可能性は高いです。

毎月5,000円も安くなるなら、格安SIMは使わなきゃ損ですよ!

変えるときは面倒に思うかもしれませんが、
ひと段落して毎月の請求書をみたとき
あまりの請求額の安さに感動すること間違いナシです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする