【実録】マルチ商法との出会いは意外と身近にあった

ネットワークビジネス、マルチ商法、連鎖販売取引、MLM・・・
いろんな表現がありますが、実態はどれも似たり寄ったりではないでしょうか。

そのビジネス構造は、ピラミッド状になっていて、
上のランクの人は儲かり、下の人は搾取されるだけ(のことが多い)。

下の人は、さらに自分の下の人を作ることでバックマージンが入るので
友人知人の勧誘に躍起になる、という仕組みですね。

まぁ、法に触れず、本人が幸せにやっていて、
周りに迷惑をかけないというなら止めませんが・・・

わたし個人としては好きません。

上の人が貰えるマージンが乗りまくった商品なんて、
適正な値段ではないですよね。

「本当にいいものだから」「あなたのためを思って」「一緒に成功しよう」

こういった聞こえのいい言葉で成り立っている縁も、結局はお金です。

一見親切に見せかけて、あなたの上に立てば儲かるから一生懸命なのです。
自分のためなんです。

そこ、だまされちゃダメ。

この手のビジネスで儲かる人というのは
かなりのカリスマ性を持った、ほんのひと握りでしょう。
他の仕事をしてもかなり優秀な方だと思います。

だから「何で引っかかる人がいるのかな?」という気持ちも、ある。

ですが最近知り合ったA妻さん、
このネットワークビジネスにどっぷりはまっている模様。

ネットワークビジネスって関係ない世界だと思っていたけど、
こんな風に近づいてきて、その入り口というのは意外と身近にあるんだ
と感じました。

知らないと、スルリと引き込まれてしまう人がいるのかも、と実感。

A妻さんとの出会いから「こ、こいつぅ・・・!」と思うまでの様子をまとめました。

ほんの一例ですが、こんなパターンには注意ですよ~!

以下、ネットワークビジネス=NBと書きます。

登場人物

  1. A妻
    33歳。歯科衛生士さん。
    週数回のパートで訪問診療に携わっているそう。A夫と結婚して二年目。
  2. A夫
    35歳。スポーツショップ店員(実際には会っていない)。
    筋トレ好きらしい。

  3. 45歳。A夫婦が尊敬する元看護師。A夫と古くからの知人。
  4. わたし
    30代半ばのパート主婦。不妊治療中。
    運動不足解消のためジョギングしています。

A妻との出会い

最近、とある教室の体験会で知り合ったA妻。
とても気さくで明るい人です。

その教室ではウォーターサーバーがあり、
レッスンの合間などに自由に飲むことができました。

水を飲むタイミングで、ポツリポツリと会話していたわたし達。

なんでその教室に興味を持ったのかとか、おいしいランチのお店の話とか
帰り際になるころには、まあまあ盛り上がっていました。

ここまでは、体験教室でよくある光景です。

わたしはこのまま「じゃ!おつかれさま~」と
その場限りの出会いとして終わるつもりでしたが、
A妻はわたしの向かうバス停の方向に帰るというので、そこまで一緒に。

道すがら

A妻
今度、さっき言ってたカフェに行きませんか?
と言われました。

以前から行きたかったお店でしたが、おそらく社交辞令だろうし
このパターンはお流れになるんじゃないかな~。まぁ、いいけど。

なんて軽い気持ちでライン交換しました。

スケジュールをグイグイ聞いてくる

帰宅後、早速ラインが入ってきました。

A妻
今日はお疲れさまでした!ご一緒できて楽しかったです
A妻
カフェ、いつ行きましょうかね!今週か来週、あいてる日ありますか?

早速、なかなかグイグイくる。

(あ、本当に行くつもりだったんだ・・・)

少し驚きつつも、混まない平日に行きたかったお店だし
他に平日に行けそうな友達も居ないから、行ってみるか。

日程を合わせ、現地集合でカフェに行く約束をしました。

初めてゆっくり会話

人気のお店でしたが、ピーク時間をずらしたのでスムーズに入店。

パンケーキなどを食べながら、他愛もない話を色々としました。

A妻:ランチとかお茶に行くの大好きなんです! 仕事のない日は、ほとんど誰かと会ってますね。寂しがりやですねぇ…スケジュールに予定が詰まってないとだめなんです。
わたし:社交的なんですね。そんなに人と会って疲れません?私は一人も好きだから、なかなか。
A妻:誰かと会って、自分の知らないことを聞くのが勉強になるし、楽しいんです。
昔はこんなに積極的ではなかったんですけど、ここ数年で変わりました!
わたし:へぇ・・・なんかあったんですか?

A妻:実は…看護師をやっていたBさんという方に出会って、その方の指導でダイエットしたんですよ。

運動だけではダメで、食事のバランスとかも見てもらって。
食べ物って本当に大事だなって思いました。
無理なく痩せて、不調も全部なくなったら、心も前向きになりました。

昔は仕事と家の往復で、食事もちゃんと取れてなくて。
休みの日は、ぐったりと寝ていただけだったんですよ。

でもこれじゃいけないなぁと思ってたときに
付き合い始めた彼(現A夫)からBさんを紹介されたんです。
お陰で人生変わりました!

ーー自分を健康オタクだといいながら、キラキラ語るA妻。

A妻:あ、ビフォー・アフターの写真があるんですよ!見ます?
わたし:(見てほしいのかな・・・)あ、見たいです。

タブレットで見せられたのは、体型がまったく異なる2つの写真。

Afterは間違いなく彼女。パーティー会場らしき場所で撮ったもののよう。

Beforeの写真は、斜めから取られていて、正直、本人どうか判別できませんでしたが、画像を見た私は思わず『へぇ!別人みたいね!』と褒めました。

…本当に別人の写真だった可能性もあるけど。


上の会話だけを切り取ると、すでに怪しいですよね。

だけどこの日、私は何にも気づいていませんでした。

話をしていた2時間のなかの、ほんの2,3分の内容だったので
決定的に「おかしい」と感じるほどの材料ではありませんでした。

ダイエット成功したら、嬉しいよね。

その成果、誰かに見て欲しいよね。

そのBさんって人、すごいね、って思っていました。

夢を語っていた

カフェでは約2時間、世間話やお互いの家族の話、
自分がやってるジョギングのことなど、ごく普通の会話をしました。

どちらが聞き役というわけでもなく、
バランスよくお互いのことを話していたように思います。

が、その中で彼女、も語っていました。

仕事柄、歯をダメにしてから治療を受ける人、
体調を崩してから病院を受診する人によく出会うけど
それ以前の予防医学を勉強して、人の役に立ちたいこと。

色々相談に乗ってくれる元看護士のBさんがとっても素敵で
自分も勉強して、相談に乗れるような人になりたいこと。

ほぉ、ほぉ。。。

わたしとあなた、知り合って大して時間も経ってないけど
こんなに自分の内を語るなんて。

「純粋すぎる人なのかな?」「他人の影響を受けやすい人なのかな?」

この日は、そんな印象を持ったカフェタイムでした。

家に誘われる

A妻:うち、バス停から近いんです。人を呼んで、家でお茶することもよくあるんですよ。
水曜日はお休みでしたっけ?わたしも休みです。ぜひ遊びにきてください。
その日、Bさんが遊びに来てくれる予定なんで、マラソンに役立つ体力づくりのこととか、相談したらいいかも!
Bさんにも伝えておきますね!

・・・また誘われました。

その尊敬するBさんとやらに、どうやら私は体力づくりの相談をすることになったようです。

まぁ、そんなに遠くないし、時間あるから、いいか。

自宅訪問

これで、マルチの勧誘とかだったら笑えるな

バスに揺られながら、一瞬そんなことが頭によぎりました。

自分ではっきり自覚はなくても、そこはかとない違和感は感じていたのかも。

バス停からは、A妻の案内で自宅に到着。

A妻:ごめんなさーい、あんまり掃除とか得意じゃなくてって。夫も汚す人だから・・・人は来るけど、そんなに片付けたりしないんですよね

お、おぅ…(そのようですね。)

なかなか乱雑な廊下を足元に注意しながら抜け、通された居間で座る。

腰をおろしたわたしの目が行ったのは、ちょうどまん前にあった本棚でした。

Bさん登場

A妻がコーヒーを入れてくれる間、手持ち無沙汰にその本棚をぼんやり眺めていました。

自己啓発系と心理学系、ビジネス書が多いなぁ、なんて思いながら。

「ごめーん!遅くなっちゃった!」

予定時間より遅れて、バタバタとBさん登場。
明るい・・・いうか、ハイテンションな方です。

このあとに用事が入ったとかで、1時間も居れないとか。

少しの世間話のあと、最近計った身長・体重・基礎代謝や筋肉量のデータ、
感じる体の不調などを聞かれるままに答えました。

B:う~ん。基礎代謝が低いね。筋肉不足だね。それが不調の原因かもね。聞いた内容だと、貧血もあると思うよ。そのへんを解消すれば、いまの不調はなくなるはずよ。運動の仕方は今のままで大丈夫。
B:わたしも昔は、あなたと同じくらいの基礎代謝だったの。
時間は少しかかるけど、筋肉つけて基礎代謝をあげれば、すごく変わるのよ! 何か知りたいことがあったり、具体的にどうしたらいいかとか、もし気になったら相談して。

そう言うと、体質改善する前の10年前だという写真を見せてくれました。

このBeforeの写真は、たしかにBさん本人と分かるもの。
10年前に比べ、たしかに今のほうが圧倒的に健康的でスリム、綺麗です。

Bは終始、面倒見のいい姉御肌と言う感じ。でも、押し付けがましくはない。
会話もうまく、話を盛り上げるのが上手です。

小さな違和感

だけど、ささいなところに、わたしのフラグが立ちました。

世間話をしているとき、Bはテーブルの隅にあった
複雑な形状のシロップのボトルを手に取ると、ごく自然に・・・というより
実に慣れた手つきでパカッと開けてコーヒーに入れました。

その動作が、ものすごくスムーズ。

その変な形のボトルの扱いに、なんでそんなに慣れてるの?
人の家の調味料を普通、無言でナチュラルに使うかな?

仲が良いとはいえ、2人のその関係性に少し疑問を感じる瞬間でした。

Bは健康相談だけだった。けど・・・

Bの話は純粋に、健康に関するアドバイスだけでした。

運動ばかりに目が行きがちだけど、食事・栄養素のバランス。
これを整えることが大事、という内容で
特定の食品などを勧めてくることもありませんでした。

Bが嵐のように去った後、再びA妻と2人に。

A妻:ね、すごくいい人でしょ。Bさんのおかげでわたしも健康になれたんですよ。大好きだし尊敬してるんです。
わたし:そうですね。栄養学とか、すごく勉強してるんですね。
A妻:Bさんに相談すれば、マラソンももっとやりやすくなって、人生変わるかも知れませんよ!

というB賞賛とともに、Bに勧められて買っているというものがある、とタブレットでみせてきました。

A妻、ついに核心へ

A妻が差し出すタブレットに表示されていたのは、健康食品のセットの写真でした。

A妻(声を抑えがちに)1ヶ月で大体 50,000円くらいなんです。もしも興味あるなら言ってくだされば、わたし経由で注文すると、少し安くなるので。
キ、キターーーーーー!これだったのか!5万円!爆!アリエナイ!アハハハハハ!

(あ、失礼しました・・・)

わたし:すごいね。こんなセットがあるんだね。
でも、うちはどうかな。家計は一括管理だから自由になるお金はそんなに無いし、夫の許可は出ないだろうな。
A妻:全部だと大変ですよね。。。でもBさんに相談すれば、その人に合う商品を選んでもらえますから、もっと安く続けられますよっ!
よかったら、夫婦で一緒に取り組むといいですよ。そうしている素敵なご夫婦、わたしの知り合いでも多いんですよ。
ヒャヒャヒャヒャヒャ。なんか楽しくなってきた。
わたし:そう。じゃ、もしそのときは相談するわね。

この日はそんな会話をして、失礼しました。

マルチの兆候、これに注意!

家に帰ってその商品名を頼りに、その健康食品のこと
会社のこと、マルチ商法のことを調べました。

この手のビジネスの典型的な特徴として
次のようなものがチラつくということが分かりました。

今回も例外ではありませんでした。

金持ち父さん 貧乏父さん

コーヒーを入れてくれている間、手持ち無沙汰に何気なく眺めていた本棚。

その中で、一番に目についたのは「金持ち父さん貧乏父さん」

この本はベストセラーですからね。
読んだことある人、持っている人、多いと思います。
わたしも読みました。

だけど、A妻宅にはその、金持ち父さん貧乏父さんに出てくる
「キャッシュフローゲーム」の箱もあったんです。ちょっと驚きました。

わたし:このゲームって、売ってるんだ。持ってる人はじめて見た。
A妻:あぁ、夫が結婚前に買ったものです。ゲーム、知ってるんですか?
友達が集まったときにやることがあるんですよ。少し難しくて、教えてもらいながらですけど、面白いですよ!

そのゲーム、2万円以上するとか言っていました。

そのときは「そうなんだ」と素直に思いましたが
後で調べると「金持ち父さん貧乏父さん」はNB界のバイブルになっているようです。

キャッシュフローゲームも、そのビジネスの勧誘の説明に使われるみたいです。

不労所得を構築して裕福に暮らそう☆という内容はNBそのもの。

他に、心理学の本、ツイッタービジネスの本なども並んでいました。

夫婦で一緒にNBやっているのか!

聞けば、Aの夫は昔からの知り合いとのこと。

もともとやっていたところに、この純粋そうなA妻を引き込んで
結婚に至ったのでしょう。

動物占いの話に要注意

そういえば最初のカフェでの会話の中で、こんなことを聞かれました。

A妻:わたし、動物占いが好きなんです。penpecoさんは、なんですか?
わたし:(動物占い?あったねぇ、そんなの)なんだったかな?コアラだったかな?
A妻:わたしは、○○(忘れた)なんです。コアラと相性いいかも~。動物占いって、結構あたるんですよね~!

この動物占いも、NBではよく使われているそうです。
属性を知ることで、アプローチの仕方の参考にするらしい。

うっは~!わたし、あの時点ですでにカモになっていたんだね。
(知り合う人みんなカモだろうけど)

それと、わたしは「コアラ」ではなく「ひつじ」だった。記憶違い!
これから彼女は、わたしをコアラとして接してくるのかしら。

アンチサプリメントといいながら

A妻:「わたしも、Bさんも、アンチサプリなんです」

素人判断で特定のサプリメント取っても
摂取過剰になったりかえって体に負担をかける、と。

元看護士のBは、サプリの飲みすぎで体調を崩して入院してくるお年寄りと
多くかかわってきたそうです。

だけど、さっき見せられた健康食品のセットには、
サプリメントがばっちり入っていましたけど・・・??
やたらバカ高いドリンクも一緒。

これらを使いつつ、体に気をつけていけば、
妊娠にも適した体ができるし、つわりもなく、元気でアレルギーもない
手のかからない穏やかな子が生まれるって言っていました。

へー。すごいね(棒)

妊活中の不安に漬け込もうとしているのが見え見えですよん。

ネットの話は信じない

その健康食品やら会社名をグーグル先生に聞いてみれば
「○○サプリ マルチ商法」
「○○ 苦情」
「○○ セミナー」

というワードがズラリと出てきます。

それを知ってか知らずか、彼女はこんなことを言っていました。

A妻:目の前の信頼できる人()が実際に体験してうまく行っているし、自分も健康になったのだから、それを信じてみようと思っているんです。
ネットの情報は、どこの誰が書いたか分からないもの。だから、信頼できる人が出した結果のほうが大切だと思うんです!

心からの力説をしていました。

信じるものは救われるのかもしれませんけどね。

愛用のものが市販品ではない

Bの動作に違和感を感じた例のシロップ、その会社のものでした。
値段、バカ高い。

Bがあの時、ごく自然にそのボトルを使えたのは、自宅にもあるからだ
と分かりました。自分のものと同じ感覚で使ったんですね。

また、A妻が何気なく使ったときに見えたリップクリームも
市販では見たことの無いものだったのでなんとなく覚えていましたが、
やはりその会社のものでした。

も~、色々と買わされている感ぷんぷんです。

悪意はないから厄介

A妻、悪意をもっているようには思えません。

だからこそ、ちょっと厄介。
一種の洗脳状態のなかで、本気でわたしを心配しているみたいです。

A妻:Bさんの指導で妊娠できた43歳のママさんも来るお茶会あるけど、参加しない?

なんて言われました。参考になるはずだから、ぜひ話を聞いてみて欲しいと。

面倒なので適当な理由をつけて断りましたが、また誘われると思います。

どうせ全員、マルチ仲間だろっ!と、今となっては簡単に推測できます。

だけど、この段階でもし、その食品が単に「体にいいかもしれない」位の認識だったら・・・

「とってもいいものだから、みんなにも広めたい」

彼女たちのその純粋な(?)思いに飲まれてしまい
気づいたら勧める側になっていた!なんて人もいそうです。

やたら前向きで明るい集団が
自分のことを心配して説得してきたりするわけです。

心に隙間が合ったり「自分を変えたい!」なんて思っている人は
ハマってしまうかもしれません。

A妻観察、もうすこし続けます

ライン以外の連絡先を交換するつもりは無いので
ブロックして連絡を絶つことは簡単。

だけど、もうすこし観察することにしました。

というのも、実家で一人暮らしをする父のもとに
別の会社のマルチ商品を持ってくる、昔の知り合い(父の元部下?)がいるんです。

父より少し年下のオバさんですが、やっぱり変にテンション高い。

親身になっているような素振りで、健康のためになる話の会とか、
料理の試食会とかに、迎えに来てまで父を連れ出そうとするんです。

なんとか引き離したい、関わりをやめさせたいと思い、
ことある毎に論破して、なるべく買わないように制止していました。

だけど、前に実家に帰ったときに、こんなものを見つけました。
1479103488019
あったまくる!! 70歳超えのジジィ相手にですよ!

万単位の化粧品を売りつけるなんて、狂気の沙汰っ!

買う父も父だけど!

だいたい、消費税5%表記とか、ちょっと古いし!

今まで何の手入れもしたことのない顔なら、
ニベアだってワセリンだって十分だっつうの!ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!

どんな話術で父を離さないのか・・・
父はなぜ、うまく断れないのか・・・
どうしたら縁を切れるのか・・・

そのヒントを探るべく、付かず離れず遠巻きに
A妻観察してみようと思います。

ヤバくなったら、速攻LINEブロックしますけどね。

万一、わたしが洗脳されて

健康になって、夢もできて、楽しい仲間に囲まれて幸せです~!ウフフ

とか言い出したら、ぜひツイッターに
「バーカバーカ!」ってメッセージください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする