収納の向きを変えて小さなイラっを解消

外に置くのがいやで、引き出し収納しているキッチンの調理道具たち。
DSCN3788

この引き出しのルールは「重ならないように置くこと」だけでした。

ステンレスのお玉とフライ返しは昔の無印良品のもの。どっちも柄の部分が同じ形状なので、引き出しをだいぶ引かないと見分けがつきません。
お玉を使いたくて取ったらフライ返しだった、なんてこともたまに。

そこで置きかたをチェンジ。
DSCN3794

お玉だけでも、逆に置けばいいんだ。

なんだ、簡単な話だった。

スプーン・フォーク・ナイフのカトラリーも昔の無印良品。
こちらもやはり、持ち手側では見分けはつきません。
DSCN3783

これも、フォークとスプーンを逆に置いたら、分かりやすい。
DSCN3782
ナイフは、危ないから刃を奥にしたままでいいかな。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする